アキレス腱断裂から6週間経過。むくみは再断裂の危険性が!

やっと2回目の通院でした。


もう固定もほとんどしない状態で動いていましたが、はたしてこれで正解なのか?その答えが気になってました。


そしてさっそく診てもらうと-


「思ったよりも腱が太い」


とのこと・・・。


十分に動けているので回復は順調ではあるみたいですけどね(^^)


断裂後2週間の時と5週間の時の腱の太さがあまり変わっていないと自分でも思っていたのですが、やはりそうでしたか・・・。



理由を聞くと、


「単純な重力によるむくみ」




「使いすぎ」


によって、腱が太く、足首周りがぼんやりしてしまっているそうです。



重力的なむくみは足を高く挙げておいたり、足指を動かしたりすることで解消できます。これは私もそこそこマメにやっていました。


だから、私のこのむくみはズバリ「使いすぎ」でした・・・・。


使いすぎて炎症によるむくみ(というか腫れ)だったのです!!!





かなり歩けるようになったことを報告ついでに


私:「カーフレイズが少しできるようになったんですよ」


って言ったら


先生:「危ないですね・・・」


と言われてしまいました。


先生:「断裂後3ヶ月は「歩く」以外は運動禁止って言ってたし、渡した冊子にも書いてありますよー。」


先生:「このままだと再断裂の危険性がかなり高いですよー。」



先生いわく、ツッパリ感が出る動作はNGだそうです。(ってこれも言われていたことだった!)


ツッパるのは普通だと思ってたし、痛い感覚ではなかったので別にいいかな、くらいだったのです。


でも、このツッパりがあるのに動いていると、炎症を起こして腫れ・むくみが出て、腱が細くならないし再断裂のリスクも高まるのだとか・・・!


炎症を起こしているのか確かめるために、アイスパックを左右のアキレス腱周辺に当てると、明らかに左(患側)よりも右の方が冷たく感じました。


ということは、左のアキレス腱は熱を持っているということです。つまり炎症を起こしているということですね。。。


まとめ



なまじ歩けるようになっているので、かなりイケイケになっていたようでした(^^;)


このまま張り切ってカーフレイズ(カカト上げ)なんかガシガシやってたら、アキレス腱は太いままになってしまうところでした。それどころか再断裂も・・・。


今後気をつけることは、

・断裂後3ヶ月まではアキレス腱に負荷のかかることはしない
・むくまないようにケアする
・テーピングをする



この3点に注意してこれからは少しおとなしくして過ごすことにします(^^)


炎症が起きている状態であれば、足湯は温めることになるので炎症が余計ひどくなってしまうのではないか?


大事なことを聞き忘れてしまいました・・・。


ただ温めるとラクになるのは確かなことなので、間違ってはいないと思いますが、あまりにむくみが出る場合は自粛しようと思います。


この辺りは自分の身体の様子を見ながらですね。


続きはこちら
>>アキレス腱断裂から7週間


Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ