アキレス腱断裂から12週経過。ようやくゴルフの練習で運動再開!

もうね、腱の太さに関してはスルーすることにしました。


だって全然細くならないんでね・・・・。これが12週経過の我がアキレス腱。


Jpeg

もう諦めていたのですが、、、、


じっくり見比べると微妙に細くなっていたのです!!


上から10週→11週→12週です。


とくに10→12週はわかりやすいかな、と。


JpegJpegJpeg


ちょっとうれしくなりましたね^^


で、久々に行きました。ゴルフ練習場。ゴルフはスイングのフィニッシュ時にかなり左足に体重が乗るので、今までにない負担がかかります。


なので、再断裂をしないようにテーピングをして臨みました。使ったのはキネシオテープです。詳しくは「アキレス腱 テーピング」で検索するといろいろやり方が出てきます。


足裏からアキレス腱のラインに沿って1本貼っていくのは基本ですね。


Jpeg

足裏のテープが剥がれないように甲に1周。そして、カカトの左右のブレを少なくするために両くるぶしを目安にもう1本。


Jpeg

あとはベルクロでぐるぐる巻いてOK。


Jpeg

テーピングはアキレス腱が伸びないようにするのは当然重要なのですが、それ以外には、カカトの固定も重要だと思っています。


アキレス腱が切れる条件として


・アキレス腱の急激な収縮
・アキレス腱の急激な伸展



に加えて、「カカトの捻じれ」もあるのでは、と私は思ってます。



体を方向転換する時にはカカトは捻じれます。カカトが捻じれた分、アキレス腱には負荷が強くかかるし、より伸ばされるのではないか?と思うのです。


私のケースでもターンの時に切れたし、このベッカムの動画もターンしている時ですよね。





なのでカカトの固定はけっこう重要だと考えたのです。


だからヒールロックでもいいのかもしれません。私はテープがもったいないしヘタなのでやりませんがw

Sponsored Link



ゴルフ練習場では・・・



あまりにも振れなくて、ヘタすぎたらわざとテーピング見せてアキレス腱痛いアピールでもしよっかな~と考えていましたがw


結果としては、スイングも球筋も断裂前と同じくらいでした!(よかった!)(※ゴルフの腕前は低レベルです)


が、30球も打つとだんだんとふくらはぎから太ももにかけてのいつもの張りが出てきました・・・。この張り感を例えるならばこむら返りした後の痛みと似ています。


ともあれボールとの距離やスタンスを狭くしたり、試行錯誤していたら気づけば100球を超えてました(^^;)終った後痛くなるかな・・・?
と心配しましたが全く問題なし!


ということでひとまずステップアップ!!


もうすぐ3ヶ月が経ちますがようやく、というかホッとしています。来週はショートコースに行くので平らではないところで打てるか?楽しみでもあり心配でもあります。

続き:
>>断裂後3ヶ月。ついに走ってみた!

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ