アキレス腱断裂から5ヶ月経過。張りなどの痛みについて

久しぶりの更新になります。


かと言って再断裂したわけでもなく、穏やかな日々を送っております。


そして月日の経過がまた、今までどおり早く感じられるようになりました。年末に差し掛かってきたというのもありますが、アキレス腱が気にならなくなっているせいでしょうね。


日常生活は本当に気にならなくなってます。小走りなんかは自然とできています。お酒を飲んでもむくまなくなってます。(顔はむくみますがw)



そう言えば、片足でつま先立ちもできるようになっていました^^ ブログを更新していないからアキレス腱断裂のこと自体を忘れていると言うか。たぶん、治るってそういうことだと思います。


ただ、腱の太さは相変わらずです^^; 硬さはかなり出てきましたが、変わり映えがあまりにないので写真は撮ってませんw 


何だかこのままの太さで生きていきそうです。左脚全体の筋肉もほんの少しだけ戻ってきましたが、いまだに細いです。筋トレとかしたらいいでしょうけど、困ってないのでやってませーん。


動きの質で不安度が変わる



最近は週末が天候不良だったということもあり、前回以来サッカーはプレーしておりません。なので急激なダッシュやターンがどこまでできるようになっているのかは不明です。

ただゴルフはけっこうやっていて、この前も27ホールを回りましたが支障はありませんでした。プレー中にたまにダッシュをしてみたりするのですが、これまた問題なく走れます。


自分が思うに、自らの意思でダッシュするなどの動きは全く問題がないのですが、相手に合わせて走る(走らされる)、止まるなどの動きはちょっとどうかな・・・という感じです。


ダッシュするのには変わりないけど能動的なダッシュはOKで、受動的もしくは対人的がまだまだのような。


一番しっくりくる表現としたら


『リアクションの動きが不安』


でしょうか。まあ10月以来サッカーはやっていないので何とも言えませんが、年越しまでにやる気が出てきたらトライしてみたいです。


あとは、アクシデント的な動きもちょっとヒヤッとしますね。つまづくとか滑るとか。


【追記】
もうすぐ断裂から半年が経とうしている12月。久しぶりにサッカーしました!

前回と違って、かなり普通に動くことができました。ダッシュ、ターンなども恐怖感なくできました~^^


1年経っても歩き方がヘン



よく行く居酒屋さんでたまたまアキレス腱断裂の経験がある方と一緒になって、話が盛り上がりました^^


その方は、インディアカ(って知ってます?)をやっていた時にバチンといったのが1年前。私と同じく手術をせずに保存療法を選んだのですが、実はいまだにつっぱる痛みがあって、歩き方がおかしいと周りから言われるそうです。


1年経ったら、さすがに完全復活しているイメージを持っていたのですが、そういう方もいるという現実を目の当たりにしてちょっと不安になりました。


店内は狭いのでさすがに「歩いて見せてくださいよ~」なんて言えなかったので、どんな歩き方なのかはわかりませんでしたが・・・。


その方の保存療法は、尖足位で固定して徐々に角度を緩やかにしていくという方法でした。やはりというか案の定、固定除去後のリハビリがけっこう大変だったそうで、はじめはなかなかつま先を反らせなかったみたいです。


まだアキレス腱断裂の治療方法は確立していなくて、これが一番良いよ!というのがないのが困ったもんです。

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ