アキレス腱断裂から半年が経ちました。その後の経過について

またまた久しぶりの更新になります。


早いものでアキレス腱断裂からもう半年以上が経過しました。おかげさまで再断裂もなくノホホンと生活できております。


前回の記事で、あまりにも腱の太さが変わらないので写真を撮るのもアホらしいと思って撮ってませんでしたが、数人の方から「その後いかがですか?」というメールをいただいたので、久しぶりに撮影してみました!


ということで、撮ったのがコレ。

Jpeg


そしてこれがおよそ2ヶ月前、昨年10月末の足です。

Jpeg

・・・やっぱり変わってない~!!!


ただし、中身(感覚)は変わってきていますけど。


もうほとんど断裂したということを忘れて動いています。先日、寝ぼけておかしな足の着き方をしてしまい、右足(良い方の足)の第2指(手の指で言うところの人差し指)を捻挫してしまいました。


赤く腫れています^^;


Jpeg

右足に体重をかけるのがちょっと痛いので、どうしても左足荷重になってしまうのですが、アキレス腱やふくらはぎがつっぱることなく左足で歩けます^^


アキレス腱断裂から半年経過のまとめ


・腱の太さは相変わらず

・動きはじめ(寝起きやずっと座っていた後の歩き出し)につっぱりを感じる

・どんな動きでも不安感なしで可能


といったところです。


Sponsored Link



サブコンテンツ

このページの先頭へ