便利グッズ

ここでは、アキレス腱断裂の保存的治療において、


あると助かる便利グッズをまとめてみました。


まだ書いている時点では、固定が取れていないので
固定が取れた後のアイテムはおいおい更新していくつもりです。




~ギプス固定期間中にあると便利なグッズいろいろ~



松葉杖


松葉杖は病院でレンタルしてくれるので
買わなくてもイイと思いますが、

今は安くて良い松葉杖があるので
買うのもアリだと思います。

今後にも備えて一家に1セットあると
安心かもしれません。






車いす


ちょっと遠出する時は松葉杖での歩行は厳しいです。
私はレンタルして旅行に出かけました。


ここは週単位で借りられて、
なおかつ安かったのでオススメです。


>>介護・健康用品レンタル「ダーリング」



膝あてサポーター


hizaate


足が着けない時に自宅で這ってハイハイ歩きをする時に
役立ちます。100円ショップにあります。




ギプス防水カバー


入浴の時にあると絶対便利です。
濡れる不安がなくなるのでリラックスできます。

これは真空パック状態になります。
医療用ラテックス素材を使用しています。




こちらは塩化ビニール素材を使っていて、
空気が入っている状態なので患部が湯船に浮きます。

ドライプロよりも人気があるみたいです。






ギプスシューズ


足が着けるようになったら必要です。
市販のものでも構いませんが、

カカトの角度を考えて
私はサンダルをカスタムしたもの使用。


image2
材料はこちらの記事を参照に。
費用は約1000円でした。

サンダルを100円ショップで買えば
もっと安上がりで済みます。



ギプスソックス



image2 (2)

ずっと巻いている包帯などが
汚れたまま布団に入りたくないので

足が着けるようになってからは
室内のギプス用くつ下を着用。

指先の冷え防止にも役立ちます。

これは100円ショップの腹巻きを
使っています。

腹巻きの上下どちらかを縫ってしまえば
できあがりです。

伸びるソックスもあります。




ロフストランド・クラッチ


「クラッチ」とも言いますが、
松葉杖よりもラクに扱えます。

私はデザインと値段でこちらにしました。





前腕部の固定があるだけで
普通の杖とは安定感が全然違います。

杖なしでも歩けますが、
長時間歩行の時はあるとラクですし、
早く歩くことができます。



着圧ソックス



断裂から3ヶ月間は運動禁止です。
その間に出てくるのが「むくみ」包帯で圧迫するのもいいですが、
面倒な方は着圧ソックスがあると便利です。





サランラップの芯



筋膜はがしのイメージで使うとイイと思います。
とくにふくらはぎとアキレス腱の「筋腱移行部」がカッチカチになるので
そこをコロコロとやると効果アリです。
その他にも足の裏、スネ、くるぶし周りに使えます!


ちなみにミニサイズのラップの芯の方が細身なので
細かいところをコロコロできるのでオススメです。


Jpeg


つづく

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ